麗峰会 特別養護老人ホーム つじまち いえしま

辻町、伊江島の特別養護老人ホーム   麗峰会
特別養護老人ホーム つじまち 特別養護老人ホーム いえしま

皆様に支えられ、30年。
さらなる、介護のエキスパートへ。

「和顔愛語」の介護サービス

愛情のこもったやさしい言葉で相手に接する

愛情のこもったやさしい言葉で相手に接する
地域の皆様が安心して老後の生活を送っていただけるよう「和顔愛語」の介護サービスに取り組んでまいりたいと思います。 「和顔愛語(わげんあいご)」とは、善意に満ちたなごやかな表情で、愛情のこもったやさしい言葉で相手に接するという意味です。 『大無量寿経』では、和顔愛語の後に、「先意承問(せんいじょうもん)」という、向こうから言われない先に相手の気持ちを察し、相手の身になってその望みを満たしてあげるという言葉が続きます。 私たちは、これらの言葉を理念に掲げ、より良い介護サービスの提供に努めてまいります。

法人理念

「愛・真心・誠意」で地域から信頼される介護サービスを提供します。「和顔愛語(わげんあいご)」で思いやりのあるあたたかい介護サービスを提供します

代表あいさつ

地域に根ざした取り組み

全国第1号の単独設置型小規模特別養護老人ホーム
当法人は、初代理事長中真靖三と、園長中真京子が発起人となり、昭和63年3月に社会福祉法人の設立認可を受け、同年5月1日に単独設置型小規模特別養護老人ホームいえしま(定員30名)の全国第1号として事業を開始しました。 以降、家庭的な雰囲気のもと、伊江村の高齢者福祉の拠点施設として、ショートステイ、デイサービス、配食サービス、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、グループホームといった事業を展開して、地域に根ざした運営に努めてきました。

新たな拠点での貢献

新たな居宅介護支援事業所のスタートや介護予防事業への取り組み
この度、那覇市特別養護老人ホーム整備法人として選定され、那覇市辻に特別養護老人ホームつじまち(定員70名)を平成28年4月に開所しました。 これまでの伊江村での30年以上の実績を活用し、新たに那覇市辻地域を拠点とした総合的なサービスの提供を目指すとともに、那覇市と伊江村という2つの拠点の連携により、地域包括ケアや地域貢献等にも取り組みながら、沖縄県の高齢者福祉の向上に寄与することを目的として活動してまいります。
 

▼社会福祉法人の財務諸表等電子開示シムテム(WAM NET)

http://www.wam.go.jp/wamnet/zaihyoukaiji/pub/PUB0201000E00.do?_FORMID=PUB0211100&vo_headVO_corporationId=1647119537

▼現況報告及び財務情報並びに監査報告はこちら

http://www.keieikyo.gr.jp/cswm/foundationview.php?viewno=7760